鎌倉・室町時代の葬儀

〇「吉事次第」「吉事略儀」

成立年代はふめいながら、鎌倉時代あるいは室町時代の貴族、武士の葬儀の次第を書いたものに「吉事次第」あるいは「吉事略儀」があります。「吉事」とあるのは「凶事」を嫌って言い換えたものと言われます。

※以下、五來重『先祖供養と墓』、新谷尚記『日本人の葬儀』を参考にしました。

〇御座直し

死亡すると「御座直し」が行われます。北枕にして筵(むしろ)の上に寝かしなおし、屏風(逆さ屏風)や几帳を建てめぐらし、枕元に灯明を1つ立てて消さないようにし、香をたき、夏は酢を鉢に入れて死者の鼻の近くに置き(消臭のためと推定される)、人々も僧侶も屛風の外にはべります。

〇入棺

次は入棺です。棺の中には香と土器の粉を入れます。臭いをとるためでしょうが、その他お茶の葉などの香りの高いものを入れたようです。入棺する役の人は紙ひねりで腋帯(わきおび)をするとあります。筵ごとに棺に遺体を納め、枕を入れ、着物の上から引覆(野草衣と言い、曼荼羅を描いたもの)をかけます。引覆の上から頭、胸、足の3ヵ所に土砂加持の砂をかけます。棺に蓋をし布の綱で縛ります。そして北枕で安置します。ここには書かれていませんが、当時は湯灌も行なわれていたようです。

〇葬送

早朝に山作所と言われる墓を作ります。当日、素服という粗い布で作った喪服を裁縫します。夜になるとその素服を着て御仏供養を行い、出棺となります。棺は御車(牛車)に入れて火葬場まで運びます。

出棺すると寝所を竹の箒で掃き、塵や箒は川あるいは山野に捨て、枕火を消します。

〇火葬

火葬場には荒垣をめぐらし鳥居を建て、その中に小屋を作ります。火葬は小屋の中で行います。

火葬場には御車が到着すると導師の呪願と僧侶が御車の前で儀礼を行い、棺を小屋に移して火葬をします。近親者や僧侶はその間真言を誦します。

火葬が終わると火は湯で消し、灰は水で流します。骨い拾いますが、各自が箸ではさんで次々と他の人へ渡していきます。

遺骨は甕に入れて土砂を入て、蓋をして白の皮袋に入れます。

〇納骨

召使が遺骨を首にかけ三昧堂(高野山や納骨する寺)に運んで納骨します。納骨する際には御堂の仏壇の下に穴を掘り、その中に納骨し、上に石で覆い、石灰を塗り固めておきます。

帰宅する前に藁で作った人形で手祓いをします。

〇香奠、白布、位牌

室町時代の他の記録を見てみますと現在につながるのもが出てきます。例えば武士の間ではこの頃より金銭による香奠がよせられた記録があります。また現在、葬儀式場には白布をはりめぐらしますが、火葬場の荒垣に白絹の布を張ったとあります。位牌を持ったのは家督です。

〇火葬場での仏事が中心

現在の葬儀では出棺の前の儀礼が中心になっていますが、この時代は、山頭念誦とよばれる火葬場での仏事が中心だったようです。

火葬場で奠湯・奠茶(てんとう・てんちゃ)が行われたり、読経がされました。精進落とし(精進揚げ)は今は初七日の法要の後(葬儀当日に繰り上げて)に行われますが、七七日(四十九日)の仏事をもって精進上げとしていました。

〇善の綱、箸渡し

また、今でも地方に残る葬列の際の善の綱、火葬場の前で3回まわる所作三匝なども見られます。

橋渡しも上の書物に見られた通りです。今は2人の人が組になって拾骨していますが、一人がつまみ次の人に渡すことが簡略化されて現在の所作になったものと思われます。
取手市 守谷市 葬儀
取手市やすらぎ苑での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です