葬儀社の選び方「担当者の人柄を見る」って何?

担当者の人柄を見るとは

葬儀社の選び方の一つに「担当者の人柄を見る」

というポイントがあります。

「人柄を見る」なんとなく意味が分かりそうで分からない。

葬儀社選びというお困り事を解決するために

実際にあったお葬式を元に事例をあげて説明します。

=============================

ある日のお昼、式場の事前相談スペースにおいての来店の対面相談です

昨夜の深夜にご兄弟の方が亡くなられたそうです。

兄弟の事で突然だったので葬儀社を決めていなかったため

病院から紹介された葬儀社にお迎えをお願いし、

その葬儀社の霊安室に安置をお願いしたそうです。

通夜・葬儀という形ではなく、事情もあるため

火葬式(葬儀を行わない火葬のみ)をご希望でした。

現状とご予算をお伺いし、お手伝い出来る部分をご説明しました。

つまり、安置場所は他社の葬儀社で、そこから移動を行い、

弊社にお願いをするという事です

ここでの注意点は

病院から霊安室までの搬送費用や霊安室料、1日分の

ドライアイスの費用は病院から紹介をされた

葬儀社にお支払いをするという事です

そこから弊社が対応する為、弊社へのお支払いももちろん発生します

両方を合わせるとご予算をオーバーしてしまうのです。

ご兄弟の中で色々と検討された結果、最初の病院のお迎えの費用や1日分の霊安室料を

お支払いしたとしても他社の葬儀社から変更して

弊社に今後をお願いをするとの事でした。

ご予算を多少オーバーをしておりますが、それでも良いとの事です。

弊社に相談された時点で費用の面をとても気にされておりましたので、

不思議でなりません。

しかしその理由が他社の霊安室にお迎えに上がった時に

その理由がわかったような気がしました。

それはなぜかと言うと担当した方の対応が表面上は良さそうなのですが、

なんとなく嫌な感じを醸し出していたからです。

それはご家族とお話をする場面ご家族の見ていないところでの所作

同業者に対する対応の仕方などなど、あまり快くない対応でした。

表情を見る限り、目が怖いのです。

同業者も威圧感を感じるほどです。

葬儀の仕事は目配り気配り心配りと言われております。

担当者の印象でご家族のお葬式に対する気持ちも変わります。

ご家族とその後お話をしましたが、やはり嫌な感じがしていたとの事です。

特に断る際には露骨に嫌な顔をされ、かかった費用も急に割引をされ

そこからも引き止めようとされたとの事でした。

無事に霊安室から弊社の霊安室に移動が終わり

打ち合わせもある程度決まっておりましたのでスムーズに進みます。

翌日は友引でしたので翌々日に10名様お集まりの中、

ゆっくりとお別れを行って頂きながらお見送りをして頂きました。

=============================

担当者の人柄を見るポイントとしては

「見た目の印象はどうか?」

第一印象で引っかかる部分は無いか

「会話だけでなくふとした所作はどうか?」

歩き方、ドアの締め方、後ろ姿、この人に大切な方を任せても大丈夫かどうか

「対応に心がこもっているかどうか?」

話し方、安易に割引などで気を引こうとしていないか

今回のケースから見えてくるポイントです。

「担当者の人柄を見る」は事前相談の段階で可能です。

ぜひお役立てください。

ちなみに今回のケースは

病院から紹介された葬儀社に安置されたとしても、まだ断る事ができています。

「嫌な印象だけど安置まで済んだから断りづらい」そんな時は

ご相談ください、費用の面でも対応の仕方も一緒にサポートします。

取手やすらぎ苑を利用してのご葬儀・家族葬は、事前相談で分からない事、不安な事

を解決してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。

このまま事前相談はこちらから


「事前相談をしておくと具体的にどこが良いの?」

よくお葬式の事前相談で聞かれる事は

「事前相談をしておくと具体的にどこが良いの?」です。

事例をあげながら説明いたします
=============================

お父様は一般葬、お母様は家族葬ということで

1年間に2度担当させて頂いたご家族のご親戚(故人の兄弟)の方から

お葬式後に事前相談を受けておりました。

「うちもお願いをするかもしれない、まだまだ先の事かもしれないし、

元気になるかもしれない。ただこういう機会にしか聞けないので少し話しておきます」

「妹が市外に住んでいるので、母は市内の病院ではなく市外の病院なんです」

「私の家は1階が商売をしているので2階の安置は難しそう。

自宅から斎場までそんなに遠くないので斎場の霊安室でお願いになると思う。」

と事前相談の段階で状況は伺っておりました。

それから1か月後、その日は夕方にお電話を頂き、事前相談から変わりなく、

市外の病院にお迎えに上がらせて頂きました。

病室に行きますと、顔を合わせた時点でご家族様はとても安心されておりました。

病室で初めましてではなく、何度か顔を合わせたことがありますので

ホッとしたとの事です。

病院を出発して市内の霊安室にお連れします。

車内では

「思ってたより急だったからすごく慌てちゃったの!兄弟のお葬式でお世話になったから

あれからもずっと覚えてたの。頂いた資料と念のためチラシも集めてたのよ!病院に向かう

タクシーの中から連絡出来たから良かった」

との事です。

霊安室に到着をして御線香をあげて頂きます。

その後は打ち合わせとなりましたが、事前に相談もあり、夜遅くなりそうという事で

日程などを決めて次の日に細かく打ち合わせとなりました。

その後はお亡くなりになられてから3日後にお通夜、翌日に葬儀

あらかじめ決めておいた家族葬ということで

親しい方がお集まりになり、気兼ねなくゆっくりとお別れをして頂き

ご葬儀を滞りなく済ませられました。

=============================

「慌てて飛び出したけど、全部うまく進んで良かった。

病院のお迎えから何も困ることなく事が運んで良かった。

今思うとあらかじめお話しておいたから

じゃないとタクシーを乗ったところから

必死で葬儀社を見つけて、もしかしたら病院に着いてもまだ決まらなかったかもしれない。

0からスタートだとゆっくりお別れに集中することもなく

慌ただしい中で終わっていたかもしれない」

後日お話されておりました。
事前相談をしておくと良いメリットはたくさんあります。

「事前に顔を合わしている」

という事は非常に安心です

大事な方のお見送りをする中で、見ず知らずの人よりも

顔を知っている人の方が安心ではないでしょうか?

ただ知っているだけではまだ不安です。

大事なのは事前相談の中で、その葬儀会社、その担当者に任せても大丈夫なのかどうかを

見るべきです。

事前に話しておいたのにいざという時には、また1から話をしないといけなかった

話した内容を全然覚えていなかった 

何のための事前相談だったのでしょうか
事前相談をした担当者が不在の場合でも、他の担当者が内容を共有できている葬儀社はしっ

かりしていると思います。

「資料を持っておき、連絡先を控えておく」

これも大事です。

今回のケースで言えば急な事で慌ててしまい、葬儀社の連絡先を忘れてしまうという事が多

いです。

対面での事前相談が出来ている場合はその担当者の名刺、もしくは葬儀社の名刺を持ってお

きましょう。

財布の中に収めている方もいらっしゃいました、良いと思います。

もし対面はしていなくとも、葬儀社のHPを見て電話をかけ、資料請求をされている方はその資

料や会員カードを持っておくと良いでしょう。

‶連絡先がわからない”は焦りを生みます。
「病院の場所、病院からの移動先を決めておく」

これも事前に決めておくと安心です。

今回のケースのように病院へのお迎えから霊安室までの移動がスムーズになります。

安置場所についてはご自宅か霊安室となります。

霊安室の場所によっては面会や御線香をあげる事に制限がある場合もあります。

事前にご家族で決めておくと安心です。

病院の場所を葬儀社に事前に伝えておくのはちょっと…という方もいらっしゃいます。

事前の段階で伝えなくても大丈夫です。

病院名を出さず、市内にある病院ですと伝えておくと良いかもしれません。

ただ病院が遠く、距離があるケースもあります

距離があれば病院のお迎えの費用が変動する事もあります

その際には市外の病院ですが大丈夫でしょうか?対応も可能でしょうか?

と聞いておくと安心です。
以上が、

亡くなられた直後から葬儀社への連絡→病院のお迎え→安置

までの流れで大事な部分です。

つまり「事前相談をしておくと具体的にどこが良いの?」の答えは

「事前に顔を合わしている」

不安が安心に変わります

「資料を持っておき、連絡先を控えておく」

いざという時に困りません

「病院の場所、病院からの移動先を決めておく」

落ち着いてご葬儀まで過ごせます

取手市、守谷市、つくばみらい市で取手市 やすらぎ苑を利用してのご葬儀・家族葬は、事前相談で分からない事、不安な事

を解決してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。

このままやすらぎ苑での事前相談はこちらから


ご挨拶からわかる良い葬儀社の見分け方

ご挨拶からわかる良い葬儀社の見分け方

15時頃お電話を頂きました

「今ホームページを見て、メールで問い合わせをするのが難しいので電話しました。

電話で相談も可能ですか?

今日これからお通夜なんです。

明日の告別式で来て下さった方に挨拶をします

葬儀屋さんに挨拶文例集を貰って見ているんですけど

どうもしっくりきません。どうしたら良いですか?

319340

1つ目は『ご会葬、ご焼香を賜りまして~』とあるけどこのときはお焼香はまだですよね?いつかしら?

2つ目は『生前同様変わらぬご指導~』とあるけどいろいろあって生前同様は使いたくないの、何かアドバイスを下さい」

という内容のお電話です。

「あくまで挨拶文例集ですので参考にすると良いと思います。

1つめの質問は地域にもよりますが、一般的にはお坊さんの読経中に皆様が順番にお焼香

を行います。ご挨拶のタイミングが読経が終わった後であればご焼香を賜りましてと入れて

頂いても変ではないですよ」

とお答えしました。

他の葬儀社からどのように説明があったかはわかりませんが、

進行の流れを大まかな部分だけで説明したのかもしれません。

逆に一から細かく説明すると沢山の説明があり過ぎて理解が追い付かない事もあります。

葬儀社側としてはその時の状況や雰囲気、バランスが大事です。

お困りごとが出てきた場合はすぐに相談しましょう

もしかすると他社の葬儀担当者が忙しそうなところを気遣って

いろいろとご自身で悩まれ、弊社に相談されたのかもしれません。

相談しづらい状況を作るという事はいかがなものでしょう

2つ目については「参考にして頂く部分ですので無理に入れなくても良いと思います。

これからは残された家族が力を合わせて生きていきますなどはどうでしょうか」

とお答えしました。

ご挨拶の大事な部分としては、感謝を伝え、これからの決意をする事だと思います。

今回のケースは日数やお時間の限られた中での打ち合わせで、なかなかご家族の背景を伺

うことが出来なかったことが考えられます。

最近では「家族だけ、身内だけだから形だけでいいのよ」という声も聞きます。

「親しき仲にも礼儀あり」、そこで挨拶をする場を設けることの意味、お話の内容、近い関係だ

からこそ一つ一つきっちり行う事が必要になります。

なぜこのタイミングなのか、これは何の意味なのか、

葬儀社としてしっかり答えることができるかで対応の良し悪しが表れていきます。

多くの方が初めての葬儀という不安が多い中で、葬儀担当者としてはどんなことでも相談しや

すい人柄や常にご家族に配慮出来ているかが求められています。

まとめると、良い葬儀社を選ぶためのコツとして

「分からない事、不安な事を解決してくれるかどうか」

なおかつ「相談しやすいかどうか」これが大事です。

取手市 やすらぎ苑を利用してのご葬儀・家族葬は、相談しやすくて、分からない事、不安な事を解決

してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。

このまま事前相談はこちらから


葬儀社の決め方

今回は、葬儀社の決め方について、考えてみたいと思います。

先日、今年の初め頃にお母さまを亡くされて、お葬式を行ったと
いう方とお話しをする機会がありました。
私は仕事柄、いつも気になる事があります。

それは

1.葬儀社の対応

2.葬儀社の決め方

です。

1に関して、悪い場合は大抵、聞かなくとも相手側から話してきます。
気になるのは、2.葬儀社の決め方です。

ちなみに今回の方は、事前に私の事は知りませんでした。

訪ねてみると、葬儀社に事前の相談はしなかったとのことです。
亡くなる前から、具体的な話をするのは気が進まなかったようです。

近年は、事前相談をされる方も増えてきましたが、一方、気が進まないという
方の気持ちも解ります。484839

しかし、まったく葬儀の事は考えなかったという訳ではなく、情報だけは、たくさん集めたとのことでした。

直接、問い合わせることはされなかったようですが、インターネットで色々な葬儀社のHPをみて、情報を集めたとのことです。

葬儀の流れや、式場や火葬場の場所、葬儀の内容などを調べて、万が一の際はここに電話をしようと決めていたとのことです。

484843
お話を聞きながら、確かに事前に問い合わせず、情報だけを集めて備えている方も多いのではないかと感じました。

本当は、直接問い合わせて頂いた方が、細かい所までお話しをすることが出来ますので、いざという時の安心感は高いと思いますが…。

しかし、情報を集めている人が、HPを見て頂いただけで安心を得れるのであれば、それも必要に感じました。

これからも、困っている人や不安に思っている人が安心出来るような情報を、
発信し続けていくことも、葬儀社として大切な仕事だと感じさせて頂きました。

取手市 守谷市 つくばみらい市 葬儀 取手市やすらぎ苑での葬儀はアートエンディングで安心です。


インターネットでの葬儀社選び

本日、弊社のHPをみての問合せがありました。

内容は、弊社が運営する公営施設を紹介した
HPのプラン内容について。

一通りの内容と質問についてお答えさせて頂き
最後に、他にも葬儀社はあるが御社の強みは?
聞かれました。
公営施設を使用しての相談なので、ハード面(設備)に関しては、
どの葬儀社を選んだとしても変わらないですし、
祭壇のクオリティがという話をしても、
受け取る側の感じかたは様々だと思いますので、
ハード面で強みを表現するのは難しいと考えました。
そこで私から申し上げたのは2点。人材

一つは、ソフト面(人材)です。
これは、担当者やスタッフの質に関しての事になります。

先日、担当者の情熱に関することを記事にしましたが、
HPの情報だけで得られるのは、費用とプラン内容(含まれている項目が
足りているか、足りていないかは解らない)、会社情報くらいでは
ないでしょうか。

最近では、ブログを更新したり、スタッフの写真を掲載したりと、
ソフト面も解ってもらえるように構成しているHPもありますが、
それでも不十分さはあります。

ソフト面を確認するには、今回のご相談者様のように実際に電話をしてみる
こと。その受け答えや対応で問題がなければ、資料請求をしてみるか、時間が
あれば対面での相談をするのがより良い方法かと思います。

ソフト面が良い葬儀社は、葬儀内容と葬儀費用のバランスが良く、
安かろう悪かろうではないですし、必要以上の予算をかけずとも、
御親戚の方々も含め、「良いお葬式だったね」と感じてもらえる様なプラン内容
になってると思います。
もう一つは、費用に関してのこと。

これは、価格の安い高いということではなく、ご請求費用に関するトラブル
ということでのお話しです。

葬儀が滞りなく終わり、後日、ご自宅にご請求という流れが多いかと思いますが、
その際にトラブルになるというお話しを聞きます。

葬儀社に落ち度があり、その部分の費用に関して納得がいかないということなら
話は解りますが、最初の打合せでお見積りをたてて、その金額に納得を得た時点で
葬儀のサービスとなるのに、葬儀後のご請求の際にトラブルというのは不思議な話
です。

考えられる理由は、説明されていない追加項目があり、よほど最初のお見積りと違う
請求金額になっていた場合かと思います。
サービスを提供する側と受ける側との間で、お互い認識がとれていない追加料金が発生、することは、ありえない話かと思いますが、トラブルになっているという事は、そういう事が起きている現実があるのでしょう。

この点に関しまして、弊社は請求の際にトラブルとなる事は一切ございません。
これは自信を持って言えます。

この様なトラブルは、担当者の不誠実さが原因で起こり得ることだと思いますが、不誠実さの違和感は、事前に相談をした時に感じとれると思います。

ソフト面と費用面をしっかりと確認することは、良い葬儀社選びに大切なことと
なりますので、是非、ご確認頂ければと思います。


葬儀の打ち合わせで思うこと

葬儀の打ち合わせといっても、説明の仕方は
本当に様々です。

規模の大小・宗派の違い・地域の習慣・家族構成・
お寺様の意向・故人や喪主の社会的立場などなど
以上の項目が組み合わさり、そのバランスを考えながら
構成していくのが打ち合わせとなります。打ち合わせ

上記の項目が多ければ多いほど、準備や気遣う項目は増えます。

ここで大切なのは、葬儀担当者の経験値と情熱だと思います。
経験値はなんとなく解るかと思います。
葬儀を喪主という立場で関わることは、一生のうち何度もあることでは
ございませんので、状況に応じた問題解決は、経験値の高い担当者ほどよりベストな応対をしてくれると思います。

もう一つの情熱は、喪主やそのご家族、ご親戚、会葬者全員に良いお葬式
だったと思ってもらえるかを考えてくれる担当者です。

この両方を兼ね備えている人が、葬儀に関わらず、プロとして認められる
人の要素かと思います。

また、今は経験が浅くとも、足りていない所を努力で補い、結果を出せるの
も情熱があってこそだと感じます。

やる気ばかりで空回りしているのは、情熱とは思えません。

良い結果をしっかり出してこそ、情熱の賜物だと思います。
それは、打ち合わせの段階ですぐに解るかもしれません。

例えば、良いお葬式にしたい、より良いお手伝いをしたいと思っている
担当者の説明は、初めての事柄だとしても、聞いていて「理解しやすい」
という印象を受けることが出来ます。

それは、説明している担当者が、相手の不安な顔や疑問を抱いている表情を
感じとり、更に説明を加えることが出来ているからです。

ただ一所懸命に、マニュアル通りに進める担当者はこれが出来ませんし、
喪主様も初めての事なので、「解らない」とはっきりと伝えることを
遠慮しがちではないでしょうか。
相手があってのことですし、細かい配慮が無くては「良いお葬式だった」という
結果にはなりません。打ち合わせが解りやすいという事は、細かい配慮も出来る
担当者ということに繋がるのです。
もう一つ先を考えるなら、いざ頼んだ葬儀社にその教育が徹底されているかを
知るために、事前相談をお勧めしたいところです。

事前相談の際に、担当者が上記の様な対応が出来ていれば、安心して葬儀を
依頼して大丈夫かと思います。
お葬式を執り行う際の打ち合わせ。
経験値と情熱があるかどうかの視点でお話しを聞いて頂ければと思います。


事前相談

近年では、葬儀業界も注目されています。理由の1つにネットの普及があり、閉鎖的になっていた業界が多少明らかになってきたという事があります。

その後2012年には、就活という言葉も流行語になり、自分自身で墓石を見つけ、生前に用意すなど、生前に亡くなった後を考えご準備されている方は少なくありません。

そこから付随し、葬儀も実際のところ見積りを各葬儀社に問い合わせ、前もって請求したり、相談をしてみるのも就活の一つだと思います。

例えると、結婚式の前に式場を見たり、見積もりを取ったりするのと似たように自分自身で納得できる式場や値段を見るのもいいと思います。

最近では、無料相談のところも多いです。

是非、複数社行って見比べてはいかがでしょう?

事前

 

 

 

 

 


知ってますか?葬儀費用のこと…

事前相談2残されたものにとって、重くのしかかってくる葬儀費用。大切な方が亡くなった悲しみの中で、冷静に対応していかなければならない重大な内容です。どのような葬儀にするか、本人の希望を盛込みながら、また、お世話になった方々への感謝の気持ちも表す意味で、費用を抑えながらも心に残る葬儀をしたい…そうお考えのご遺族も多いはず。

弊社では、『抑えられる費用は抑えた、心温まる葬儀』の実現を目指して、皆様にご提案しています。

葬儀費用とは、以下のようなものがあります。
①通夜・告別式典費用
②お料理費用
③返礼品代
④ お寺様へのお布施代

全国平均費用から弊社平均費用を見る限り、ただ表面上の費用を抑えているだけでは?後に追加でかかるのでは?との疑問が出てくるかもしれません。

弊社では、そういった費用に関する疑問や不安を取り除くために、相談または見積もりの段階で誓約書を提示しています。大幅な人数変更が無い限り、基本的には最初にお打合せした費用から変更されることはありません。そうでなければ、気持ちよくご葬儀を執り行うことが出来ないからです。
そのために、弊社では生前のお見積もりをお勧めしています。必要な費用がどういうものか把握するためにも、是非一度お気軽にお問い合わせ下さいませ。安心の事前契約や会員制もしいております。

よい葬儀社の選び方・・・
① 電話での対応や説明が丁寧で分かり易い。
② 費用が明瞭
③ 契約を急がせない。
④ 明確な事前見積りがある。
⑤ 親身になり相談にのってくれる人柄の良い担当がいる。

もう葬儀は、葬儀社だけのものではありません。皆様で作り上げるものなのです。


知ってほしい・・・葬儀のこと、自分のこと、家族の願い・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA弊社では、電話やインターネットによる事前相談やお見積もりを行っています。以前と比べ、今や事前の葬儀のご相談は、珍しくないものとなりました。それは、葬儀が葬儀社や地域によってのものではなく、ご本人、ご家族様主体のものに変わりつつあるからです。
ご親族、隣近所や地域の関わりが深かった昔は、自分の家族の葬儀であっても、自由に決められないものでした。しかし、少しずつそういった規模が縮小してきた今、故人様の意向や遺族様の意見が取り入れられ、自由でオリジナリティー溢れるご葬儀が実現可能となったのです。そしてそれは、事前の準備があってこそ、素敵な心温まるご葬儀となりえるのです。

事前のお見積もりには、様々な利点がございます。
① 葬儀の内容を知り、相場が分かる。
② 突然の事態にも、冷静に対応できる。
③ 高額な葬儀を、数時間で決める必要がない。
(葬儀社の言いなりにならない)
④ ご自分の葬儀相談の場合、意見を盛込める。

亡くなって一番大変な想いをするのは、残されたご遺族です。亡くなった悲しみに浸る時間もなく、故人様の意向もわからないまま、葬儀を決めなければならないのです。

そのために、弊社では、『エンディングノート』をお勧めしています。この『エンディングノート』というのは、自分の生い立ちや学歴、職歴などに加え、今後の夢ややりたい事、家族に託した想い、希望する葬儀や事務手続きなど、まさに自分の人生を描いたノートです。
そうすることによって、目標がはっきりと定められ、豊かな人生を送ることが出来るのではないか・・・と考えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA自分の死後のこと、ご主人や奥様のことを、縁起が悪くて考えられない・・・そうお考えではありませんか?
人は一人で最期を迎えますが、たった一人で生きてきてはいないですね。生きてきた証と、残された方々への恩返しの想いを込めて、『エンディングノート』、書き綴ってはみませんか?

事前相談、お見積はお電話やメールにて承っております。ご相談件数が多い場合はお時間を頂く場合もございますが、ご期待に沿うよう迅速な対応を心がけておりますので、是非一度ご相談くださいませ。


異業種から葬儀業界参入!!大切な事は・・・。

スーパー2009年9月・・・葬儀業界で噂されていた大手小売業店が『安心のお葬式』と題して、葬儀ビジネスを展開したニュースはもうご存知でしょう。
大手小売業店が提携する葬儀社を紹介する形で、窓口として葬儀依頼を受けます。
特約店葬儀社は管理下で内容をチェックされ、葬儀社の言いなりで葬儀費用が高額にならないように、また、喪主様の負担を軽くするためにコンシェルジュなるものも用意している対応振りです。
祭壇花や返礼品、受付まわりの備品などを自社で大量に仕入れることで費用を抑えているといいますが、事務手続きなどは各自でやらなければならず、ある程度葬儀経験のある方ならいざ知らず、全く葬儀を知らない方は結局のところ相談料の負担も増え、心身共にお疲れになるのでは、との声も。

◎各社の対応を見極める
自分らしい葬儀、手作り感のある『DIY葬儀』が増えつつある中で、『ブラックボックス』と呼ばれる祭壇などの葬儀に関する知識を自分なりに勉強していかなければ、確かに葬儀社の言いなりになってしまうと思われるのです。そのためには、是非とも複数社からの事前相談をお勧めしたいと存じます。
そして、各社の対応をみて感じて頂きたいのです。
葬儀費用に関しては、数社を比較すればある程度の相場が想像できますが、目に見えない部分での、ご相談からその対応、ご葬儀から法要までと、亡くなった方がいらした時から数年先まで故人様やそのご遺族様と関わっていくのですから、大変重要な部分となります。

◎信頼できる葬儀社を・・・
当社アートエンディングの葬儀は、打ち合わせから法要までを一人の担当が全てを最後まで請け負います。
それは、一つの出会いだと思うのです。葬儀社が出会いと言っては失礼かも知れませんが、それほど深く関わっていく内容のものだと思っています。皆さんも身近にもしそのような葬儀屋さんがいるとしたら安心だと思います。

当社ではどんな内容のご相談でも電話や店頭でお待ちしておりますし、お見積りもいつでもお受け致しますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。