天皇の葬儀と仏教

〇仏教葬と火葬の起源

既に7世紀前半の聖徳太子の葬儀において仏僧が関わった記録がありますが、部分的な関わりでしかありませんでした。

火葬は仏教の葬法と言われ、記録によれば700年に僧道昭のときが最初とされています。しかし、考古学上は5世紀後半頃の遺跡から焼骨が発見されていることから、6世紀半ばの仏教伝来以前から日本でも火葬が行なわれていたことがわかります。

〇持統天皇の葬儀

持統天皇は奈良に都が移る7年前の703年12月22日に亡くなり、火葬されていますが、この葬儀には仏教が深く関係しています。  天皇の遺詔(遺言)により葬儀は倹約のこととし、素服と挙哀は禁止されました。「素服」とは質素な白服を意味し、喪服としてこれを着用して喪に服することです。日本古来の喪服は白であったことを示しています。「挙哀」とは「ああ、悲しいかな」と言って礼拝することです。いずれも仏教以前の葬儀の基本をなすものです。これらは葬儀を大げさにする象徴として禁止されたのでしょう。

29日、西殿に殯(もがり)。1月5日、大安寺以下4ヵ寺に設斎。2月17日、この日は七七日で、四大寺他四天王寺など33ヵ寺に設斎。4月2日、御在所に百日の斎を設ける。今とは数え方が違いますが(死亡をいつの時点で認定するかの違いによるものと思われます)、初七日、中陰、百ヵ日の法要が既に行われたことがわかります。12月17日、誄(しのびごと)、謚(おくりな)、飛鳥岡(あすかのおか)にて火葬。そして死後1年経って、12月26日、大内陵に葬られました。

〇清和天皇の葬儀

清和天皇は平安時代の前期、880年12月4日に亡くなりました。清和天皇は既に出家の身で、「正向西方。結跏跌座。手作結定印而崩」(西方に向かい、仏教式の座り方をして、両手を組み合わせた姿で亡くなった)と「類聚国史」にあり、念珠を手にかけたまま納棺され、即日火葬されました。

素服、挙哀は禁止されました。死後4日目の12月7日には遺骨が葬られ、7日目の12月10日に初七日。翌日より円覚寺にて僧侶延べ50人によって昼は法華経、夜は光明真言が誦経され、これが四十九日まで続けられました。1月22日に円覚寺にて七七日の設斎を行っています。

法華経は死者の魂を鎮めると同時に滅罪をなし、また、光明真言も滅罪により極楽世界への往生に力があると信じられていました。ここまでくると仏教が全面的に葬儀に関わり、中でも七七日が重要視されていたことがわかります。

以後、天皇、貴族階級においては仏教葬、火葬が定着していくことになりました。


御霊信仰

鎮魂、慰霊が盛んに行われるようになるのは奈良時代の末期からです。

井上内新王の祟りによって、皇太子(後の桓武天皇)が病気になやまされたと考え、王の墓が改葬されて正式に御墓(天皇家の墓)とされました。

平安京の遷都(794年)も陰陽師(いわば占い師)に占われたことが原因になっています。

その陰陽師たちの活動もあり、貴族階級の中で怨霊(御霊)鎮魂が盛んになります。

863年には「御霊会」が催されました。これは、魂(御霊)が疫病を頻発させ、死者を多くしている原因であると考えられたためです。

陰陽師

10世紀後半になると、災害・疫病の原因は特定の個人の怨霊によるのではなく、漠然とした怨霊のためと理解されるようになりました。怨霊を追い出し鎮魂するために「御霊会」が行われ、「御霊神社」が建てられるようになりました。その一つが祇園祭(祇園御霊会)です。

取手市 守谷市 葬儀
取手やすらぎ苑での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


厚葬から薄葬へ

弥生時代には、石柱の上に平らな石を載せてその下に遺体を埋葬した「支石墓」が現れ、また遺体を納める甕棺(かめかん)が使われるようになり、墓の周辺に方形の溝をめぐらす形式の「方形周溝墓」も見られました。

3世紀頃からは円墳、方墳、前方後円墳、前方後方墳、上円下方墳、双方中円墳など古墳が作られるようになります。積石塚と呼ばれる、墓の上に土の代わりに石を積み上げた高塚もありました。

5世紀には応神陵(おうじんりょう)や仁徳陵(じんとくりょう)のような巨大な古墳も作られ、古墳の中には石室が作られました。遺体は棺に納められ、副葬品(人物や動物をかたどった埴輪など)が添えてあります。

古墳文化は3世紀から7世紀まで続き、前期は自然の丘陵や尾根を利用したものが、中期では周囲に濠をめぐらした巨大なものが、後期には小さな古墳が作られたのが特徴です。

古墳など手厚く葬った葬法を「厚葬」と言い、これは有力者、豪族、天皇家といった人々のものでしたが、この厚葬も儒教文化が伝来する6世紀頃から次第に少なくなっていきました。

 

その後の大化の改新で「薄葬令」が出され、「厚葬」が廃されることになります。薄葬令は、「権力者の葬儀に多くの財や労力を費やすことは民衆に過重な負担をかけるのでやめよう」という考えから生まれたものです。薄葬政策はその後もとられ、平安時代にも嵯峨天皇や淳和天皇などが薄葬を遺詔(いしょう)しています。そのため巨大墳墓や拳哀(非嘆の気持ちを表し、礼拝すること)などが姿を消していきました。しかし、泣き女(雇われて葬儀で泣き、非嘆を表す女性)などによる拳哀などは生き残り続けました。

 

『今昔物語』や『八幡愚童訓』には、薄葬令により死体遺棄に近い形であちこちに葬られていた死体を犬などが食べるさまがかかれています。

長い間、墓を作ることができたのは上層階級に限られており、民衆には鎮めなくてはならない霊魂の存在など認められなかったようです。

取手市 守谷市 葬儀
取手やすらぎ苑での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


古代の葬儀観

現代のように医師がきちんと死を判定するのとは異なり、古代においては死がいつか必ずしも特定できませんでした。ですから、死んだと認められてもすぐ遺体を処理してしまうのではなく、一定期間は「生きているかのように」扱ったのです。

 

殯は生と死の境界線の期間であり、喪屋を作って遺体を安置したのは、遺体の腐敗が始まるためでしょう。現在の通夜、昔の殯の遺習であるとも言われてます。死者の霊を慰めるために歌舞を行ったのは、死霊が生きている者へ厄難をおよぼしかねないと考えられていたため、その霊を鎮める必要があったからです。

 

「古事記」には死後の世界である「黄泉の国」についての記述があります。死は穢れており、死霊は生きている者を死の世界に引きずりこもうとする恐ろしいものだと考えられていたのです。

 

古代の葬儀観には、死者を大切にするという考え方と、死を穢れているものとして恐怖する考え方を見てとることができます。

 

文献に登場するはるか前、縄文時代の墳墓を発掘すると、遺体は今のように身体を伸ばした状態で葬る「伸展葬」も見られますが、腕を曲げ膝を折った「屈葬」がはるかに多く見られ、また遺体の上に石を置いた形で埋葬されたもの(抱石葬)もあります。こうした方法は、死霊への恐怖が原因と考えられています。

取手市 守谷市 葬儀
取手やすらぎ苑での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


日本古代の葬送儀礼

日本古代の葬送儀礼を推測する手掛かりが「古事記」(712年)にあります。天若日子の葬儀の様子として次のように書かれています。

すなわちそこに喪屋を作りて,河雁(かわかり)を岐佐理持(きさりもち)とし、鷺(さぎ)を掃持(掃除係)とし、翠鳥(かわせみ)を御食人とし、雀を碓女(米をつく女)とし、雉(きじ)を哭女(泣き女)とし、かく行い定めて、日八日夜八夜を遊びき。

※「喪屋」とは遺体を安置しておく小屋のようなもの。

※「岐佐理持」は、旗をもつ役、「掃持(持箒者)」は喪屋を掃除する箒をもつ役、「御食人」は死者に食事を供する役。

※「碓女」は死者の膳に供する米をつく役、「哭女」(哭者)」は泣き女のこと。悲観を表現して泣く役。

※「遊ぶ」は歌ったり踊ったりすること。

人が死んでもすぐに埋葬したりせず、長い間(長い場合は白骨化に至るまで)死者の鎮魂をしていたことがわかります。これは「殯」(もがり)と言われる霊を慰める儀礼でした。

『常陸風土記』(718年)の逸文には黒坂命の葬儀についての記述があります。

黒坂命の輪轜車、黒前之山より発ちて、日高見之国に至る。葬の具儀、赤旗青幡まじりひるがへりて、雲の飛び虹の張るがごとく、野をてらし路を輝せり。

これは葬列が行われた記録として読むことができます。現代でも葬列が行われてる地域がありますが、葬列の歴史は古代にまで遡ることができそうです。

取手市 守谷市 葬儀
取手やすらぎ苑での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


葬儀の起源

フランスの歴史学者ヒィリップ・アリエス(1914~1984)は『死の文化史』の冒頭で次のように書いています。

かねてより信じられていたように、人間はみずからが死にゆくことを知っており、人間が死者を埋葬する唯一の動物だと。

アリエスは、4万年以上前に共同墓地を紹介しており、北イラクのシャニダール遺跡では、墓地の人骨の周囲から花粉が発見されました。これは死者を埋葬する際に花を供えていたことを示すと推定され、死者は何らかの弔いの行為を伴って埋葬されていたと思われます。

取手市 守谷市 葬儀
取手やすらぎ苑での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


葬儀社の選び方「担当者の人柄を見る」って何?

担当者の人柄を見るとは

葬儀社の選び方の一つに「担当者の人柄を見る」

というポイントがあります。

「人柄を見る」なんとなく意味が分かりそうで分からない。

葬儀社選びというお困り事を解決するために

実際にあったお葬式を元に事例をあげて説明します。

=============================

ある日のお昼、式場の事前相談スペースにおいての来店の対面相談です

昨夜の深夜にご兄弟の方が亡くなられたそうです。

兄弟の事で突然だったので葬儀社を決めていなかったため

病院から紹介された葬儀社にお迎えをお願いし、

その葬儀社の霊安室に安置をお願いしたそうです。

通夜・葬儀という形ではなく、事情もあるため

火葬式(葬儀を行わない火葬のみ)をご希望でした。

現状とご予算をお伺いし、お手伝い出来る部分をご説明しました。

つまり、安置場所は他社の葬儀社で、そこから移動を行い、

弊社にお願いをするという事です

ここでの注意点は

病院から霊安室までの搬送費用や霊安室料、1日分の

ドライアイスの費用は病院から紹介をされた

葬儀社にお支払いをするという事です

そこから弊社が対応する為、弊社へのお支払いももちろん発生します

両方を合わせるとご予算をオーバーしてしまうのです。

ご兄弟の中で色々と検討された結果、最初の病院のお迎えの費用や1日分の霊安室料を

お支払いしたとしても他社の葬儀社から変更して

弊社に今後をお願いをするとの事でした。

ご予算を多少オーバーをしておりますが、それでも良いとの事です。

弊社に相談された時点で費用の面をとても気にされておりましたので、

不思議でなりません。

しかしその理由が他社の霊安室にお迎えに上がった時に

その理由がわかったような気がしました。

それはなぜかと言うと担当した方の対応が表面上は良さそうなのですが、

なんとなく嫌な感じを醸し出していたからです。

それはご家族とお話をする場面ご家族の見ていないところでの所作

同業者に対する対応の仕方などなど、あまり快くない対応でした。

表情を見る限り、目が怖いのです。

同業者も威圧感を感じるほどです。

葬儀の仕事は目配り気配り心配りと言われております。

担当者の印象でご家族のお葬式に対する気持ちも変わります。

ご家族とその後お話をしましたが、やはり嫌な感じがしていたとの事です。

特に断る際には露骨に嫌な顔をされ、かかった費用も急に割引をされ

そこからも引き止めようとされたとの事でした。

無事に霊安室から弊社の霊安室に移動が終わり

打ち合わせもある程度決まっておりましたのでスムーズに進みます。

翌日は友引でしたので翌々日に10名様お集まりの中、

ゆっくりとお別れを行って頂きながらお見送りをして頂きました。

=============================

担当者の人柄を見るポイントとしては

「見た目の印象はどうか?」

第一印象で引っかかる部分は無いか

「会話だけでなくふとした所作はどうか?」

歩き方、ドアの締め方、後ろ姿、この人に大切な方を任せても大丈夫かどうか

「対応に心がこもっているかどうか?」

話し方、安易に割引などで気を引こうとしていないか

今回のケースから見えてくるポイントです。

「担当者の人柄を見る」は事前相談の段階で可能です。

ぜひお役立てください。

ちなみに今回のケースは

病院から紹介された葬儀社に安置されたとしても、まだ断る事ができています。

「嫌な印象だけど安置まで済んだから断りづらい」そんな時は

ご相談ください、費用の面でも対応の仕方も一緒にサポートします。

取手やすらぎ苑を利用してのご葬儀・家族葬は、事前相談で分からない事、不安な事

を解決してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。

このまま事前相談はこちらから


祭壇は必要なのか?

先日、事前相談を受けるなかで、「祭壇を無しにすることは可能なのでしょうか?」
とのご質問を受けました。

お寺様を呼ばずに、火葬だけの式ということでしたら祭壇を設置することはないのですが、
今回のご相談の内容は、一日葬ではありますが、お寺様にも来ていただき、しっかりと
式として、執り行いたいというものでしたので祭壇は必要となります。
そもそも、なぜ祭壇は必要なのでしょうか?
祭壇を設置する意味とは何なのでしょうか?

現代の葬儀に使われている葬儀の道具は、そのほとんどが土葬の時代に葬列を組んでお墓まで歩いていた時に使われていた道具を代用しているものが多いです。

 

白木祭壇は、土葬の時に白木で作った輿にお棺を入れて墓地まで運んでいたのですが、この輿の部分が現代では白木祭壇に代用されているのです。

おそらく、当時のお寺様は輿に入ったお棺を前にお経を唱え、儀式が終わると係の方が輿を担ぎ墓地まで向かうという流れだったのでしょう。
現在では輿の部分が上部に祀られ、段になっており、そこにお遺影写真を飾ったり、
六灯篭を設置したり、お供物を供えたりとなっています。
本尊を置くのも祭壇になります。
イメージでは、当時葬列を組んで墓地まで歩いていた時の道具をまとめたものが白木祭壇といったところでしょうか。
しかし、近年ではその意味合いよりも、お遺影写真の周りをどの様に飾るかの意味合いが
強くなってきているような気がします。
その傾向が、花祭壇になります。
意味の解らない、使いまわしの白木祭壇よりも、見た目も華やかで綺麗な、その時
一度きりのお花の祭壇のニーズが高くなってきております。

例えば、祭壇を飾らずにお遺影写真やお供物をただ置くだけでお葬式をすることは出来なくもないですが、やはり寂しい印象になってしまうのではないでしょうか。

必要以上の費用をかけるまではしなくとも、ご予算の範囲内での飾りつけは必要なのかもしれません。

祭壇の意味と必要性…皆様はどの様なお考えになりますでしょうか?
取手市 守谷市 葬儀、取手やすらぎ苑でのご葬儀はアートエンディングに
お任せ下さい。


価格要素だけで葬儀社を比べると…

今回は、葬儀費用の比べ方について考えていきたいと思います。

インターネットの普及により、葬儀費用についても、以前より
情報が得られ易い時代となりました。

様々なHPで葬儀費用が表示されており、その価格もそれぞれでございます。
ここで気を付けたいのは、HPの表示価格だけで、葬儀社を比べることは出来ない
という点です。

どういうことかと言いますと、まず、表示されている内容をみて、何が含まれていて
何が含まれていないかを理解するのは難しいということ。

そして、祭壇や棺などがプランに含まれていたとしても、どの様な内容のものがそのプランには
含まれているかという、質までは比べることが出来ないということです。

中には、安かろう悪かろうのプランを見せておいて、実際の打合せの際にあれもこれもと
見積りをあげていく葬儀社も存在し、この様な葬儀社を選んでしまっては、後悔先に立たずとなってしまいます。599550

また、対応する担当者の質も葬儀社によってそれぞれです。マニュアル通りにしっかりと対応する葬儀社も
あれば、ご遺族とのコミュニケーションを大切にし、臨機応変に対応する葬儀社もあるでしょう。

しっかりとした対応の中にも、人と人とのサービスですので、合う合わないもでてくるかと思います。

つまり、葬儀というサービスにおいては、葬儀社によって人と設備の質が異なり、
ソフト(人)とハード(設備)が異なるサービス(商品)を価格要素のみで比較するというのは、
実質不可能ということなのです。

価格要素だけではなく、総合的に判断することが大切に思います。

では、どの様に葬儀社を選べばよいのかは、以前の記事を参考にして頂ければと思います。

葬儀社の選び方はこちら

取手市やすらぎ苑を利用してのご葬儀・家族葬は、アートエンディングにお任せ下さいませ。